もつにの自己啓発log

もつにの自己啓発log

生活を少しでも豊かにする為の情報・商品などを自身の経験を基にシェアします。

【Twitter懸賞④】ツイッター懸賞の当選報告のやり方

f:id:motuni_014:20210319175806p:plain

こんにちは、もつにこみです。

 

今回の記事では、『当選後の流れ』を解説したいと思います。

・当選報告って何をしたらいいの?
・決まったルールやNG行為はある?

 本記事ではこういった疑問を解消します!

わかる事! ✅当選までの流れ
✅当選後の流れ(写真あり)
✅当選報告の定型文(2パターン)
✅当選報告の注意点

 <この記事は誰が書いてる?>

f:id:motuni_014:20210223111521p:plain

本記事は、Twitter懸賞歴半年以上、1500人以上のフォロワーを持つアカウントの『中の人』が執筆しています。

なので、情報の質は担保できるかと思います。

証拠として僕のアカウント載せときます👇

 

それでは行ってみましょう!

ブログ村始めました。
クリックしてくれると嬉しいです。
👇(登録とかないです)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

◾️当選までの流れ(復習)

f:id:motuni_014:20210309102256p:plain早速内容に入る前に、前回のおさらいですが、『懸賞の流れ』は以下の通りです。 

Twitter懸賞の流れ

①懸賞を探す
  ↓

②応募する
  ↓

③当選する

  ↓
④当選報告をする

前回の記事では、①、②を解説しました。👇

【当選確率を上げる応募方法とは?】

motuni-014.hatenablog.jp

 

そこで、今回は『当選した景品が届くまでにする事』や『ものが届いた後にする事を』をお話ししたいと思います。

当選後のお話をします!

◾️当選後の流れ 

f:id:motuni_014:20210319165035j:plain
懸賞で応募した後、当選していた場合は必ず『企業からのダイレクトメッセージ(DM)』が来ます。

 企業によっては、「当選者の報告」を企業ツイッターでしてくれる場合もありますが、基本的に、報告は我々に任せることが多いです。

その為、『正しい当選報告のやり方』を1人1人が知っておく必要があるといえます。

当選結果は、DMで知る!

<どんなDMが届くのか?>

次に気になるのは、『どのようなDMが届くか』ですよね?

まずは実際の写真をお見せしたいと思います!

f:id:motuni_014:20201204212447j:plain

 

こんな感じです笑
思ってたよりも普通ですよね。

景品は自宅への郵送が基本なので、写真にあるような、

◆聞かれる内容まとめ◆ ・郵便番号
・住所
・本人氏名
・電話番号

などが、求められるケースが多いです。

ちなみに今回DMで扱った写真では、メールアドレスも要求されていますね!

こういう場合は、後にセールスのメルマガが届く可能性もあるので注意が必要です。

可能性というだけで、メールがくるケースの方が少ないです!

また、この際

ツイッターにて当選報告をしていただけるとありがたいです。』

『アカウント名を公開の上当選者として公開してもよいか?』

と聞かれるケースもあるので、本文は読み逃すことのないようにしましょう!

<注意点>

上記のDMのように明るく誠実な企業だけなら安心なのですが、そうもいかないのがツイッター懸賞。

この章では、こんなアカウントからのDM気を付けてほしい』というのを、皆さんにお伝えします。

 初めに結論を述べると下記のようなアカウントには注意してください👇

◆注意すべきアカウント◆ ・商品のサクラを要求する系DM

・当選実績が無いようなDM

 以下、詳しく解説します。

1つ目は、

『当選後、アマゾンで商品を購入しレビューを(高い点数で)してほしい。』

『そうすれば後日ギフトカードで返金する。』

といった誘い方が多いです。

こう言ったアカウントからのDMに注意すべき理由は2つあります。

まず、返金があるのは購入後の話なのでリスクが高い』といえます。

また、この様なアカウントは『懸賞垢の人からの評価が悪い』というデメリットもあります。

(当選報告しづらいです💦)

以上の理由から、サクラ系のDMはスルーすることをお勧めします。

サクラ系の当選は喜べない…

2つ目は、『フォロワー数をな場す事だけを目的としたアカウント』です。

 自分の個人情報を預けることになるので怪しいアカウントや、フォロワーが少ない所は要チェックです!

◆当選実績の確認の仕方◆ ✅いいね欄で当選者チェック

ハッシュタグを使って当選者チェック

 多くの企業は、ちゃんと当選させていることの証明として、当選報告してくれたアカウントを「いいね」したり「#」で振り返りやすいようにしています。

気になるアカウントがあったら、もつにこみまでお知らせください!

docs.google.com

◾️当選報告のやり方

f:id:motuni_014:20210319171921j:plain

当選報告で抑えなければいけない点は2つだけです。

・企業の広告となっている事

・自身の宣伝をする事

 

 1つ目はわかると思いますが、自身の宣伝はピンと来ないかもですね…笑

ここからは、『企業の広告』『自分の宣伝』2パターンの報告方法をご紹介したいと思います。

2パターン解説します! 

<基本編(企業の広告となる投稿)>

例のごとくまずは、僕の当選報告の画像を見ていただきたいと思います。

f:id:motuni_014:20201204215918p:plain

 こんな感じです。笑

番号で解説していくと

◆当選報告のポイント◆

①当選した企業の名前(@アカウント)

②実際に使ったことが分かるレビュー

③いい感じにとった写真

って感じです!

また、当選報告のツイートは固定ツイートにするが基本です。

その方が、いいねやRTがもらえるので企業の中の人は喜ぶからです。

 僕は上手な方ではないので、上手な方の『報告ツイート』を参考にしてみてください!

<応用編(自分の宣伝となる投稿)>

ここで意識すべきことは以下2つです。
『この人に当選させたらいいレビュー書いてくれるな』
『こんな活動してる人なんだ。フォローしてみようかな

とみた人に思わせることです。

こうすることで、『次回以降の当選確率』をあげたりや『自動的にフォロワーが増える仕組み』を作ることができるからです。

そして、その方法はハッシュタグ(#)』です!

な、なにい〜!?(笑)

前の画像を見返すと、②と③の間にハッシュタグがあるのが分かると思います。

これこそが自分をPRする『魔法のハッシュタグなのです。

 

まず、一つ目の『♯もつにの当選報告

これは、1投稿では効果は薄いですが『積み重ねることにより効果』をなします。

つまり、当選報告を積み重ねることで、ハッシュタグを検索するだけで『過去の自分の当選報告が一気に見られるようになる』のです。

そのハッシュタグをプロフィールの自己紹介に張っておいたらどうなるでしょうか?

企業の中の人は、プロフィールからハッシュタグを見るだけで、過去の投稿実績を確認することが出来るのです!

これの応用で、怪しいアカウントをチェックできます。

また、こうして一気に過去の履歴を振り返れることは自分自身のモチベーションにもなるので、当選ツイートは、『他の人と被らないハッシュタグで積み重ねていくといいでしょう!

参考までに!

◆おすすめのハッシュタグ ♯○○の当選報告

♯○○の当選記録

♯○○の当選日記

などは使っている方も多いですし、貴重な文字数を食わずに済むのでお勧めです!👇(僕も使ってます)

f:id:motuni_014:20201204222221p:plain

皆さんもお忘れなく!!

 

そして、ふたつめの

♯懸賞垢さんフォロバ100%

これは、過去記事『フォロワーの探し方』を逆手に取った、『フォロワーを増やすための作業』です。

 こちらの記事で詳しく紹介👇

motuni-014.hatenablog.jp

特にフォロバ100%のハッシュタグは、フォローしてくれる人も多いのでお勧めです!

 

以上二つの項目を抑えて、『自分の宣伝にもなる当選ツイート』を作っていただけると嬉しいです。

◾️まとめ(フォロワー増やすの手伝います。)

f:id:motuni_014:20210120105143p:plain

 ここまでお疲れ様でした。

本記事では『Twitter懸賞』をテーマに、

✅当選までの流れ
✅当選後の流れ(写真あり)
✅当選報告の定型文(2パターン)
✅当選報告の注意点

と言った事を解説しました。

皆さんのTwitter懸賞の参考になれば嬉しいです!

【フォロワー増やすの手伝います。】

この記事をご覧いただいた方へ、お礼として1500人越えのアカウントで皆さんの懸賞垢をフォロー&リツイートいたします!

条件は1つだけ!

✅下記Twitter懸賞アカウント2つのフォロー👇


 

固定ツイをいいね&RTしにいきます!

 

【続編はこちら👇】

motuni-014.hatenablog.jp

 

【シリーズで見たい方はこちら👇】

motuni-014.hatenablog.jp

 

また、別の記事でお会いしましょう!